Little Eternity Antique & Collectables View Cart  Contact  
HomeSitemapLinks
 
Category
新着商品
アンティークガラス
アンティークシルバー
アンティークシルバープレート
アンティーク陶磁器
レース&リネン
インテリア雑貨
お客様の声
セール
アウトレット
お手入れ方法
過去の取り扱い商品
 
Shopping Guide
How to Order
Payment & Shipping
特定商取引法に基づく表示
 
policies
Privacy Policy
Site Policy
 
Profile
Shop Profile
Blog
Blog
 
メールマガジン、新着商品をいち早く

フランス製 シルバー800 ロココスタイル パウダーケース アラカルト

*サイズは口径×全高×底径になります。
 商品No.  ST0077-0078
 年代  1880年〜1910年代頃
 原産国  パリ、フランス
 メーカー  不明
 材質  シルバー800
 サイズと 重量  下記をご参照下さい
 価格  17,820円(税込)〜

※写真の手鏡、パヒュームボトル、カメオブローチ、パールのネックレスは付属しておりません。

コンデションについて
どちらのケースも経年による味わい深い風合いが出ていて、とても良い雰囲気になっています。
蓋にはどちらのケースにも鏡は付いていませんが、蝶番の開きもスムーズで、蓋もきっちり締まります。
ST0077:変形や目立つ傷のないほぼ完璧な状態で、内側のギルディング(金張り)も美しく保たれています。
ST0078:縦に約5mmの擦り傷と、数箇所の小さな傷(目を懲らして見て確認できるほどの傷)があります(下の小さな写真でご確認下さい。そのため少しですが、ST0077よりお安めのお値段設定にさせていただきました。内側のギルディング(金張り)は、ST0077のゴールドに比べると、淡くて落ち着いたゴールドです。下の四番目の写真では、蓋の上のほうのギルディングが剥がれているように見えますが、これはライトのせいで、実物は剥がれなくなどなく綺麗にギルディングされています。また側面のデザインが斜めドレープのため、照明や下のレースが写り込んでへこんでいるように見えますが、実物にはあのようなへこみはありません。

解説

ベルエポックの貴婦人愛用の華麗なロココ様式のパウダーケース、時空を越えて今貴方の元へ
全体を眺めた様子です、商品No.左がST0077、右がST0078になります

上から蓋の装飾を眺めた様子です

横から眺めた様子です

どちらも内側は、ギルディング(金張り)されています、鏡は付いていません

蓋を開けた様子です、90度の角度で留まります

傷の様子、右上のくぼみはホールマークです 縦のライン状の傷

※お申し込みの前にもう一度、タイプをご確認下さい。
ST0077のケース ST0078のケース


フランスにはベル・エポック(Belle Epoque)と呼ばれる時代があります。意味は「良き時代」で、期間は厳密には定義されていませんが、19世紀末から1914年(第一次世界大戦が始まった年)頃までで、この期間は戦争がなく平和で、1900年にはパリ万国博覧会が開かれ、アールヌーヴォーの文化が花開き、パリが華やかに繁栄した意味どおりの良き時代でした。ご紹介するのは、このベル・エポックの時代に製作されたシルバーのパウダーケースです。

1860年頃、英国でアーツ&クラフト運動がおこりました。産業革命による機械化で量産品が増えたのに疑問を呈し、今一度、手仕事の良さを見直し、さらに今までにない新しいものを作り出そうという趣旨でした。この今までにない新しいものを作り出すという精神は、やがてフランスなどのヨーロッパの諸国に広がり、過去の様式の繰り返しをやめて、新しい造形を創造するアール・ヌーヴォーという文化が誕生することになったのでした。アール・ヌーヴォーの期間はだいたい1880年〜1910年頃までといわれています。

アール・ヌーヴォーは文化や芸術において、ベル・エポックの時代を席捲していたわけですが、世の中には新しもの好きがいれば必ず、逆の古いもの好きがいるもので、貴族などの上流階級の人達の多くは、華やかだったブルボン王朝の宮廷文化に憧れていたということです。

ご紹介のパウダーケースはブルボン王朝に流行した様式、ロココスタイルのお品です。中心にはモノグラム(人の氏名の頭文字や団体の名を、2〜3の文字を組み合わせて図案化したもの)が入っていますし、やはり最初の持ち主は昔の宮廷文化や様式に憧れる、良家のお嬢様や貴婦人だったと思われます。

パウダーケースは、どちらの蓋にも華やかなロカイユの装飾が施されています。ロカイユとはロココの由来となった、くねくねとした貝殻の形状を模倣した装飾のことです。18世紀のフランスでは博物学の関心が高まり、熱心に珍しい動植物、昆虫などが収集されたそうですが、その中でも貝殻への関心は異常なほどだったそうです。

ST0077のケースの蓋の装飾は中心にロカイユ、周りには小花と流れるような植物の葉が添えられています。そして側面には、柔らかな布地がたなびいている様なのかと思いましたが、貝ですからゆれる海藻かもしれません。ST0078のケースの蓋は、これぞロカイユといった装飾で、Cスクロールや流れる葉や小花が添えられています。側面は斜めドレープのような作りになっていて、これを丸い容器に仕上げるのは難しい技だったのではないかと思います。ST0077のケースは、蓋に比べると側面が凝っていて、ST0078は逆に蓋が豪華で側面はシンプルと、どちらもバランスを考えて作られています。

アンティークのパウダーケースには、鏡が付いたりチェーンを取り付けられるように携帯できるタイプもありますが、このケースには付いていないので、自宅で使っていたのか、トラベル用ドレッシングケースの中に入れられていたのか?想像だけがふくらんでしまいます。どちらのケースも蓋がきちんと閉まるのでパウダーケースとしてもお使いになれますが、サイズ的には携帯は難しいかなと思います。ご自宅で、ピルケースやアクセサリーや小さなお気に入りのもの等を収納していただくのがお奨めの使いです。

このように小さなパウダーケースが使われていたのは、1910年代の頃までのことだそうです。当時は人前でのお化粧直しがタブーだったので、人目につかないよう小さくて隠せるタイプでなくてはいけなかったようです。それから女性の社会進出が進み、今でいうコンパクトのパウダーケースが登場し始めたのは1920年以降になってからだそうです。

ホールマークは、どちらのケースにも小さなシルバーのアイテムに刻印される猪の頭のマークが入っているので、生産地はパリです。メーカーズマークはやはりどちらもひし形のマークが入っているのですが(作風は似ていてもメーカーは別です)、残念ながら該当するメーカーを現時点で探し当てることはできませんでした。


※ご注文の前に、今一度商品のタイプと商品No,のご確認をよろしくお願いいたします。

フランス製 シルバー800
ロココスタイル 
パウダーケース
商品番号:ST0077
価格:18,900円(税込)
*送料:全国一律756円(税込)*


フランス製 シルバー800
ロココスタイル 
パウダーケース
商品番号:ST0078
価格:17,820円(税込)
*送料:全国一律756円(税込)*




    
お支払い方法 配送と送料
■代金引換、銀行振込、郵便振替
代金引換 郵便振替 銀行振込
※代金引換には別途代引き手数料がかかります

■お届け時カード払い
一括・分割・リポ払いが選択可能。
※別途代引き手数料がかかります

■お届け時電子マネー払い

1万円以下のお支払いにのみ可能

※詳細はPayment&Shippingをご覧下さい。
■配送業者:ヤマト運輸
※お申し込み受付後3日〜7日で商品をお届けします。

■送料
全国一律756円(税込) 別途手数料がかかります。
21,600円(税込)以上のお買い上げで送料無料

■お届け時間は下記の時間帯でご指定が可能です。

■返品と交換
殆どの商品がアンティークで一点物ということから、お客様のご都合による返品はご容赦ください。
ご注意下さい!
※以下の場合は、代金引換、お届け時カード払い、お届け時電子マネー払いをお受けできません。
 お申込みの方と送付先のお名前、ご住所が異なる場合
 フリーメールアドレスでのお申込みの場合
お電話番号が携帯電話の番号のお客様、固定電話の番号でお申し込みください
Little Eternity antiques & collectables
〒279-0042 千葉県浦安市東野2-23-6-410
電話番号 047-350-0242 メールアドレス info@little-eternity.com



Homeサイトマップサイトポリシーお問い合わせ
当ホームページの文章、画像等の無断転載を禁止します。
Copyright © 2008 Little Eternity All Rights Reserved