Little Eternity Antique & Collectables View Cart  Contact  
HomeSitemapLinks
 
Category
新着商品
アンティークガラス
アンティークシルバー
アンティークシルバープレート
アンティーク陶磁器
レース&リネン
お客様の声
セール
アウトレット
お手入れ方法
過去の取り扱い商品
 
Shopping Guide
How to Order
Payment & Shipping
特定商取引法に基づく表示
 
policies
Privacy Policy
Site Policy
 
Profile
Shop Profile
Blog
Blog
 
メールマガジン、新着商品をいち早く

シルバープレート シュガーポット

*サイズは口径×幅×最大幅×最大高になります
 商品No.  SP0114
 年代  20世紀初頭(推測)
 原産国  フランス
 メーカー  不明
 材質  シルバープレート
 サイズと 重量  約8×13×17×19(cm) 650g
 価格  


コンデションについて
外側には目立つ大きな傷はありませんが、蓋の部分に小さなへこみ(下の五番目の写真でご確認ください、約1x2mm程度のものです)、経年と使用による小さな擦り傷などがあります。また片方のハンドルと、中心のCスクロールのモチーフに囲まれた部分に黒ずみが出ています(下の五番目の写真と一番下の右の写真でご確認下さい)。金メッキ張りになった内側ですが、蓋の裏は非常に良い状態が保たれていますが、ポット部分は使用のため若干の劣化が見られます(一番下の右の写真でご確認下さい)。、その他がたつきや破損、装飾部分の磨耗などのダメージはありませんし、蓋もぴったりと閉まります。まずまず良い状態だといえます。


解説

お砂糖大好きのヨーロッパの食文化を垣間見ることができる、装飾が素敵なシュガーポットです!
カーテン越しの自然な光の下で、全体を見た様子です

正面の装飾のクローズアップ

側面の装飾の様子、とても華やかです

片方のハンドルの黒ずみ部分と小さなへこみの様子

蓋とつまみの装飾の様子 脚の様子です
内側の様子 片方の中心部分の黒ずみの様子


※ヨーロッパの砂糖に関する解説は、SP0110のシュガートングなどと重複している部分があります。

ヨーロッパでは15世紀の初めに、ポルトガル領のマデイラ島で砂糖(サトウキビ)の生産が本格的に始まっったとされています。その後15世紀の末にはスペイン領のカナリア諸島でも生産が始まりましたが、供給過多による値崩れを防ぐため取引量を制限していたため非常に高価に取引されていたそうです。当然手に入れられるのは特権階級に限られていました。そんな高価な砂糖をお茶会のテーブルに大きな砂糖壷に入れてゲストにおもてなしをしていたそうです。それは高価な砂糖をおしげなくふるまって、いかに自分が裕福かをゲストに誇るためでした。当然砂糖壷もゲストに見せるため、装飾の見事なシルバーの砂糖壷(ポット)がテーブルに置かれていたことを想像するのは容易なことでしょう。

ヨーロッパでお砂糖が普及するようになったのは16世紀になってからです。特にフランスでは16世紀から18世紀の間に多くの砂糖を使ったお菓子が考案され、パリにはお菓子の店が並ぶ通りができたそうです。お菓子の文化が発展するにつれ、王侯貴族には砂糖の取りすぎで虫歯になる人が増えたそうです。そのせいで歯医者が出現、爪楊枝も発明されました。爪楊枝といっても王侯貴族が使う道具なので、宝石の付いた金属製のものだったそうです。その爪楊枝で歯をほじほじするのが当時の貴族の間ではステイタスだったそうです。

お菓子だけでなく、コーヒーや紅茶にお砂糖を入れて飲むのも、フルーツにお砂糖をたっぷりふりかけて食するのもお砂糖ラバー(Lover、お砂糖を愛する人)なヨーロッパ発祥の食文化ですね。フランスでフルーツにかける砂糖はお菓子にかける粉糖ではなく、日本のグラニュー糖をもう少し細かくしたさらさらした砂糖だそうです。その砂糖を入れるポットはシルバー製のものが多く、日本のどんぶりほどの大きさでシュガーシフタースプーンを添えてテーブルに供されます。

ご紹介のシュガーポットは、そんなフルーツにふりかける砂糖を入れるのに使ったポットになります。シルバープレート製でパリ郊外のフェアで買い付けたお品です。英国のシルバープレートと比べると少しプレートの色味が違っていて、若干青みがかっています。刻印はポットの底にあるのですが、あまりに小さくて残念ながらはっきりと判別できませんでした。その前にフランスのシルバープレートの刻印はカトラリー類はほぼ場所とかも決まっていて判別し易いのですが、それ以外は刻印も多種様々あってメーカーなど特定するのがとても難しいです。したがって原産国と年代は推測ということになります。しかしながら、ポットのシェイプなどフランスのシュガーポットの典型ですし、年代は私の経験からあくまでも推測になりますが、1900年〜1930年代頃ではないかと思います。

このポットの良いところは、格調高い凝った装飾でしょう。まずポットの中心部には2つのCスクロールが向かい合っていて、その横にアカンサスの葉らしいモチーフが左右に置かれています。ポットの側面は、立体的な花と葉のモチーフが施されていて、本当に華やかで目を奪われてしまいます。そして脚ですが、ポットの華やかなデザインにマッチした、曲線的な形をした脚が4つ付けられています。

元々の用途のシュガーポットとして、ティータイムやキッチンでお使いになるのももちろん良いですが、蓋がありますのでビスケットなどのお菓子を入れても良いかと思います。装飾が華やかなので、お部屋にあるだけで優雅な雰囲気を演出してくれて素敵なインテリアになると思います。どうか自由な発想で、色々な使い方をされてお楽しみいただければと思います。





シルバープレート
 シュガーポット
商品番号:SP0114
*送料:全国一律756円*




    
お支払い方法 配送と送料
■代金引換、銀行振込、郵便振替
代金引換 郵便振替 銀行振込
※代金引換には別途代引き手数料がかかります。

■お届け時カード払い
一括・分割・リポ払いが選択可能です。
※別途代引き手数料がかかります。

■お届け時電子マネー払い

1万円以下のお支払いにのみ可

※詳細はPayment&Shippingをご覧下さい。
■配送業者:ヤマト運輸
※お申し込み受付後3日〜7日で商品をお届けします。

■送料
全国一律756円(税込) 別途手数料がかかります。
21,600円(税込)以上のお買い上げで送料無料

■お届け時間は下記の時間帯でご指定が可能です。

■返品と交換
殆どの商品がアンティークで一点物ということから、お客様のご都合による返品はご容赦ください。
ご注意下さい!
※以下の場合は、代金引換、お届け時カード払い、お届け時電子マネー払いをお受けできません。
 お申込みの方と送付先のお名前、ご住所が異なる場合
 フリーメールアドレスでのお申込みの場合
お電話番号が携帯電話の番号のお客様、固定電話の番号でお申し込みください
Little Eternity antiques & collectables
〒279-0042 千葉県浦安市東野2-23-6-410
電話番号 047-350-0242 メールアドレス info@little-eternity.com (電話では永田と出ます)



Homeサイトマップサイトポリシーお問い合わせ
当ホームページの文章、画像等の無断転載を禁止します。
Copyright © 2008 Little Eternity All Rights Reserved