Little Eternity Antique & Collectables View Cart  Contact  
HomeSitemapLinks
 
Category
新着商品
アンティークガラス
アンティークシルバー
アンティークシルバープレート
アンティーク陶磁器
レース&リネン
お客様の声
セール
アウトレット
お手入れ方法
過去の取り扱い商品
 
Shopping Guide
How to Order
Payment & Shipping
特定商取引法に基づく表示
 
policies
Privacy Policy
Site Policy
 
Profile
Shop Profile
Blog
Blog
 
メールマガジン、新着商品をいち早く

ヴィクトリアン シルバープレート バチェラー コーヒーポット

*サイズは縦×最大縦×横×最大横×最大高になります
 商品No.  SP0112
 年代  1850年頃(ヴィクトリアン)
 原産国  シェフィールド、イギリス
 メーカー  スミス シッソンズ&CO.
 材質  シルバープレート
 サイズと 重量  約13x20.5x8cm 413g
 価格  37,800円(税込)


コンデションについて
ハンドルに約1x2mmの小さなへこみが1箇所ありますが(一番下の右側の写真でご確認ください)、それ以外は大きな目立つ傷、変色変形や装飾の磨耗、破損などのダメージのない素晴らしいコンディションです。内側もとてもな綺麗で、アンティークのポットにありがちな水漏れの無いことも確認済みです。写真では撮影時に背景が写り込んで黒っぽかったり、白っぽかったり変色しているかのように見える部分があるかもしれませんが、、実物はキレイなシルバー色です。またシルバープレートの艶、光沢とも美しく申し分ない状態です。


解説

稀少なヴィクトリアンのコーヒーポット、華麗な装飾も素晴らしくコレクションにふさわしい一品です!
カーテン越しの自然の光の下で、全体を見た様子です

蓋とつまみの装飾の様子です

ボディ(胴)部分と脚台の装飾の様子です

注ぎ口を覆うように施された素敵な花の装飾!

ハンドルはシンプルなデザインになっています

蓋を開いた時の様子です 内側もキレイです!
ハンドルの先のユニークな装飾 ハンドルのへこみの傷の様子です

コーヒーの原産地はアフリカのエチオピアのカファ(コーヒーの語源でもあります)ですが、5〜14世紀の間にイエメンにも移植され、現地の学者が豆を煎じて飲んだのが飲料としての始まりとされています。それがアラブに広まり、ヨーロッパにコーヒーが紹介されたのは1583年頃とされていますが、他の国々に知られるようになったのは17世紀になってからだそうです。コーヒーはまずヨーロッパ中の宮廷で大流行して、18世紀には中流階級、19世紀にようやく一般庶民の飲み物になったようです。

ヨーロッパでは、17世紀にはすでにシルバー製のコーヒーポットが作られていたようです。英国では1681年にロンドンのジョージ・ガーソンが製作したポットが最古のシルバーのコーヒーポットとされています。初期のコーヒーポットはシンプルなデザインの円錐形や八角形をしたタイプが多かったようですが、1750年頃には下側がふくらんだバラスター型や脚台の付いた洋梨型などのスタイルが主流になっていたようです。

ご紹介のコーヒーポットは、シルバープレート製で脚台の付いた洋梨型のシェイプ。製作されたのは1850年頃のアーリーヴィクトリアン。ヴィクトリアンらしい華やかな装飾はため息もので、見ていただければ多くの説明は必要ないでしょう。そしてしかもこのポットは稀少なバチェラーポットになります。バチェラーとは独身者という意味で、つまりおひとり様用のポットということです。

このコーヒーポットの装飾は、裏から浮き彫りを打ち出して(エンボシング)、さらに表からさらに手を加えて輪郭をはっきりとさせています(ルプッセ)。中心の立体的な花はあとから付けられたものだと思います(カットカードワーク)。
また蓋と脚台の縁取りにはドレープを折り畳んだような可愛らしい装飾が付けられています(ジョージアンのお品によく見られる装飾です)。また注ぎ口の下にはおしゃれな点描の装飾が付けられています。ハンドルはポットに比べると装飾の無いプレーンなタイプ。紙をクルクルと丸めたような装飾が可愛らしいです。ところでこのプレーンなハンドルだと、コーヒーなどを入れた時に熱くなってしまうのではないかと思われるかもしれませんが、上部が蓋のあたりに付いているので大丈夫です。熱湯を入れて実験してみましたが、余裕で持つ事ができました。ただし底はとても熱くなっていましたので、その点だけはお気をつけ下さい。

おひとり様用といっても、容量は注ぎ口の少し下まで入れて約550CC入ります。一般的なコーヒーのカップの容量が約150CCなので、3杯まで飲むことができます。これだったら少人数のコーヒータイムで楽しめそうですね。
また形状的にもコーヒーポットだけでなく、ホットウォータージャグ(紅茶が濃く出すぎた時に薄めるためのお湯用のポット)や、ホットチョコレートポットとしてお使いになっても良いかと思います。

このポットの製作年は1850年頃のヴィクトリア時代ですが、シルバープレートの表面は新品かと思うほどきれいです。当然ディーラーさんにリプレートしてあるのよね?と聞いたら、何と職人さんが磨きあげてここまできれいにしたとの事でした。これには本当にびっくりしてしまいましたが、英国の銀職人さんの技術には感服させられました。

メーカーは「スミス シッソンズ&CO」。前身は1786年サミュエル・ロバーツとジョージ・キャドマンが英国のシェフィールドに設立したロバーツ,キャドマン&CO.。シルバー製品はもとよりオールドシェフィールドプレートを製作していた工房で、ベル(鐘)のトレードマークを使っていました。1833年に共同経営者としてサミュエル・ロバーツの甥のエヴァン・スミスと従兄弟の息子のウィリアム・シッソンズが加わります。1848年設立者のサミュエル・ロバーツの引退により、工房名は「スミス シッソンズ&CO」となりました。この名前での工房は1858年で終わっていますが、その後工房はウィリアム・シッソンズの2人の息子ウィリアムJrとジョージに引き継がれ、工房の名もW&G シッソンズに変わることとなりました。工房は1864年にはロンドンのアッセイオフィスに登録。その後ロンドンにもショウルームを設けて順調に経営を拡大させていき、ltd.が付いて会社組織になりましたが、1946年には事業を子会社のベルリプロダクションズltd.に移譲しています。





ヴィクトリアン
シルバープレート
バチェラー コーヒーポット

注文数

商品番号:SP0112
価格:37,800円(税込)
*送料無料*




    
お支払い方法 配送と送料
■代金引換、銀行振込、郵便振替
代金引換 郵便振替 銀行振込
※代金引換には別途代引き手数料がかかります。

■お届け時カード払い
一括・分割・リポ払いが選択可能です。
※別途代引き手数料がかかります。

■お届け時電子マネー払い



※詳細はPayment&Shippingをご覧下さい。
■配送業者:ヤマト運輸
※お申し込み受付後3日〜7日で商品をお届けします。

■送料
全国一律756円(税込) 別途手数料がかかります。
21,600円(税込)以上のお買い上げで送料無料

■お届け時間は下記の時間帯でご指定が可能です。

■返品と交換
殆どの商品がアンティークで一点物ということから、お客様のご都合による返品はご容赦ください。
ご注意下さい!
※以下の場合は、代金引換、お届け時カード払い、お届け時電子マネー払いをお受けできません。
 お申込みの方と送付先のお名前、ご住所が異なる場合
 フリーメールアドレスでのお申込みの場合
Little Eternity antiques & collectables
〒279-0042 千葉県浦安市東野2-23-6-410
電話番号 047-350-0242 メールアドレス info@little-eternity.com (電話では永田と出ます)



Homeサイトマップサイトポリシーお問い合わせ
当ホームページの文章、画像等の無断転載を禁止します。
Copyright © 2008 Little Eternity All Rights Reserved