Little Eternity Antique & Collectables ViewCart  Contact  
HomeSitemapLinks
 
Category
新着商品
アンティークガラス
アンティークシルバー
アンティークシルバープレート
アンティーク陶磁器
レース&リネン
お客様の声
セール
アウトレット
お手入れ方法
過去の取り扱い商品
 
Shopping Guide
How to Order
Payment & Shipping
特定商取引に基づく表示
 
policies
Privacy Policy
Site Policy
 
Profile
Shop Profile
Blog
Blog
 
メールマガジン、新着商品をいち早く

シルバープレート 1900年頃 ジャポニズム ティーセット

*サイズは高さ×底径になります。
 商品No.  SP0009
 年代  1900年頃
 原産国  イギリス
 メーカー  GCW(詳細は不明)
 材質  シルバープレート
 サイズ と重量  約16×12x16.5(cm)630g(ポット)
 約10×11×14(cm)410g(シュガー)
 約10.5×7.5×9.5(cm)240g(ミルク)


シルバープレート 1900年頃
 ジャポニズム ティーセット

注文数

商品番号:SP0009
*送料無料*

コンデションについて

ミルクピッチャーの内部に少し黒くなっている部分がありますが(左の写真を参照してください)、使用には差しつかえないと思います。シュガー入れの内部は鏡面できれいな状態です。

ティーポットは日本へ輸入後、日本で内部の張替えの修理をしています(内部の様子は写真を拡大のページでごらんください)。買い付け当時は内部は長年の使用のため、茶渋やコーヒーのあとが酸化してぼろぼろの状態でした。修理はとてもきれいに仕上がっています。その他、目立つダメージや大きな傷はありません。


解説



エングレーヴィングの様子 こちらは、クリーマーの装飾の様子です
ポットのつまみのモチーフは馬です ハンドルの様子
ポットの内側です メーカーズマーク


オーバル型のボディに美しく、かつ丁寧にエングレーヴィングが施されています。モチーフは、牡丹の花に小鳥、扇、青海波を思わせる文様などで「花鳥風月」を表現した日本趣味。

日本趣味、ジャポニズムは19世紀の中頃、ヨーロッパの万国博覧会に出品した日本の美術品などが、印象派やアールヌーヴォーの作家たちに影響を与えたことによってはじまった運動です。写実的陰影法がなく平面で構成されている日本の浮世絵などは、立体構成を重んじてきた西洋美術とは正反対でヨーロッパの作家たちにとっては衝撃的だったようです。


メーカーのGCWについては残念ながら詳しいことはわかっていませんが、マークはイギリスのエレクトロプレートのメーカーリストに載っているので、イギリスのメーカーであるのは間違いありません。ポットの裏にはそのメーカーにとって品質の良いシルバープレートの製品であることを表わすA1の刻印が入っています。それから、ポットのつまみは写真のとおり馬です。日本趣味とはあわない印象ですが、こういうことはよくあります。つまみを取って調べてみましたが、このつまみの跡以外は見つからなかったので、オリジナルのものです。
素材はシルバープレートですが、品質もよく、ユニークでコレクションにはぴったりのおすすめのティーセットです。
   

Homeサイトマップサイトポリシーお問い合わせ
当ウエブサイトの文章、画像等の無断転載を禁止します。
Copyright © 2008 Little Eternity All Rights Reserved