Little Eternity Antique & Collectables View Cart  Contact  
HomeSitemapLinks
 
Category
新着商品
アンティークガラス
アンティークシルバー
アンティークシルバープレート
アンティーク陶磁器
レース&リネン
お客様の声
セール
アウトレット
お手入れ方法
過去の取り扱い商品
 
Shopping Guide
How to Order
Payment & Shipping
特定商取引法に基づく表示
 
policies
Privacy Policy
Site Policy
 
Profile
Shop Profile
Blog
Blog
 
メールマガジン、新着商品をいち早く

イタリア製 ハンドメイド フィレワーク テーブルクロス

*サイズは縦×横になります。
 商品No.  LA0006
 年代  1970年代
 原産国  イタリア
 材質  リネン(麻)
 サイズ  約73X83(cm)
 価格  


コンデションについて
縁取りの部分の糸に少しの毛羽立ちが見られますが、破れ、染み、糸のほつれなどのダメージのない、とてもきれいで良いコンディションです。

解説

レース全景です

センターのモチーフのクローズアップ

横に掛けてみました センターの周りに配されたモチーフ
四隅の部分のクローズアップ 縦45cmX横60のテーブルに掛けています

当店としては珍しいイタリア製のレースですが、イタリアはヨーロッパで最初にレース製作(ニードルポイント)を始めた国でその歴史は非常に長く、レースを扱う上でやはりはずせない国です。今回はイタリアらしい特色を持つフィレレースをご紹介します。

フィレとはフランス語で網のことをいいます。古代の魚網作りの技法からヒントを得て作られるようになったため、こう呼ばれています。発祥はエジプトといわれていて、レースとして製作が始まったのは13世紀頃からとされています。
レース糸を縦と横で結びあわせて四角いネットを作って、そこに糸を掛けていって模様を作っていきます。かぎ針とは違った風合いがあって、透明感の美しいレースです。

このレースのフィレワークを見てみると、太めの糸で大きな目で編まれています。普通フィレレースは細かい糸で細かい目で編まれているので、これはイタリアのフィレレースらしい特徴といえます。イタリアにはタスカニレースと呼ばれるフィレレースと同じ技法のレースがあります。タスカニとはイタリアのトスカーナのことで、この地方の漁師の奥さん方が作り始めたのがその発祥とされています。今回ご紹介のレースがこの地方で製作されたのかは不明なのであえてフィレレースとしましたが、風合いは麻糸で作られていることもあって、タスカニレースと同様、太い糸と大きな目のネットは素朴でナチュラルな味わいです。

このレースは、センターの花の模様が可愛らしくて印象的。その周りの編み目は細かく作りこまれていて、サイドのひし形模様の大きな編み目とのコンビネーションが美しいです。デザインの優秀さを感じます。スカラップ(半円の連続模様)の縁取りも素敵です。

美しい透明感のあるレースですから、直接テーブルなどに掛けて思いきりその透け感を楽しんでいただきたいと思いますが、秋冬は寒そうだと思われるなら下に単色のテーブルクロスなどを敷いていただければ、レースのモチーフが強調されて、また違った楽しみ方ができると思います。どうぞ色々な使い方でこのテーブルクロスをお楽しみください。



イタリア製 ハンドメイド
フィレワーク テーブルクロス

注文数

商品番号:LA0006
*送料:メール便164円(税込)*

    



Homeサイトマップサイトポリシーお問い合わせ
当ホームページの文章、画像等の無断転載を禁止します。
Copyright © 2008 Little Eternity All Rights Reserved